「川崎病」――早期発見するための症状とは?

子どもがかかりやすい病気は山ほどありますが、川崎病もパパ・ママが知っておきたい病気の ひとつです。川崎病は4、5歳以下の乳幼児が主にかかる熱病です。病名は1961年、小児科医の川崎富作医師が初めて見つけたことから名付けられました。乳幼児が多くかかり、発熱や目の充血、全身の発疹、むくみなどの症状があります。原因は不明です。予防法も確立されていません。首のリンパ節がはれ,高熱が続き,結膜や口内粘膜,くちびるに強い炎症がおこり,全身に赤い発疹が出る,解熱後に爪と皮膚がはがれるの六つの症状のうち,五つ以上の症状があれば川崎病と診断されます。医学的な名前は、「急性熱性皮膚粘膜リンパ腺症候群」ですが、世界的に「川崎病」として知られています。

ここでは、具体的に川崎病に関わる6つの症状をご紹介しましょう。

1、39~40℃の高熱が、5日以上続く。

発熱が川崎病の代表的な症状のひとつめです。原因不明の熱が5日以上続くことが川崎病の診断基準です。しかし、発熱してすぐに受診し、薬を処方してもらうことで熱が下がるということもあるでしょう。

2、熱が出て2~3日すると、からだに発疹が出る。

川崎病の二つ目の症状は発疹です。川崎病の発疹は「不定形発疹」もので、様々な形の発疹が出ます。発疹は他の人にうつるタイプの疾患もありますので、川崎病に関わらず早めに医療機関を受診するようにしましょう。

3、手足がしもやけのように赤くパンパンに腫(は)れ、10日ぐらいすると手足の指先から皮がむける。

手足の先(手指や足の先の方)が赤くなり、腫れあがるのが川崎病の大きな特徴です。

4、目が充血して赤い目になる。

川崎病を発症すると、両目の白い部分が赤く充血します。

5、くちびるが腫れ、舌(した)はイチゴのように赤くぶつぶつになる。

唇が赤く腫れあがると同時に、口腔内やのどの粘膜も赤く腫れあがるのが川崎病の特徴のひとつです。「イチゴ舌」と呼ばれます。

6、急性期にリンパ腺(せん)が腫れる。

頸部、すなわち首のリンパ節が腫れるため、首そのものが腫れあがったようにも見受けられるでしょう。

円満な夫妻性生活を保つため人気媚薬販売サイトがセックスレス解消できる媚薬を販売するようになりました。