いくつかの医学常識について

(1)正常心拍数
健康な成年の人の静かな状態で心拍数は平均で毎分75回とします。正常範囲は毎分60-100の回とします。静かである心拍数は100回を超えて、分は、速脈として成人になって;60回より低くて、分者は、心のために回復することを動かしたことがあります。 心拍数は年齢、性別とその他要素のため変化して、例えば体温はそれぞれ1℃上昇して、心拍数は12-20の回/分を加速することができて、女性の心拍数は男性心拍数より少し速くて、選手の心拍数は比較的に遅いです。
(2)正常体温
臨床的に通常は口腔温度、直腸温度と腋窩温度を体温にしています。舌下に体温計を5分ぐらい入れて、正常値を測定して36.3℃-37.2℃で、わきの下クランプ5分して正常値を測定して36℃-37℃で、表の頭は潤滑剤を塗って、5分肛門に挿入して正常値を測定して36.5℃-37.7℃とします。1の昼夜に、人体体温は周期的変動を表して、一般的な夜あけの2時-6時の時は最低で、午後13時-18時に最高で、ただ変動の幅は一般的に1℃を超えません。たとえただ体温は37.3℃を超えなくて正常と認められています。
(3)ヘモグロビン値
臨床的にヘモグロビン値を貧血の根拠とします。正常に成人のヘモグロビン値90-110g/lは軽度の貧血です、60-90g/lは中度貧血に属します; 30-60g/l重度貧血です。
(4)食塩を摂り過ぎると高血圧になる
「高血圧になったら塩分を控えないといけない」という「医学常識」が頭にインプットされているからである。だが、この話が1番おかしいのは、行政は過剰反応をした点ではない。「食塩を減らせ」という勧告の内容そのものがとんだお笑い草なのである。基本的に、高血圧と食塩摂取量との間には殆ど因果関係がない。確かに、食塩の過剰摂取が原因で高血圧になる人はいる。但し、それが原因になっているケースは、高血圧患者100人のうち1人か2人という割合なのである。明らかに少数派なのである。食塩に含まれるナトリウムは、体内に水分を保持させる働きをしている。その濃度が高くなると体液が増え、その結果、血管を通る血液の量も増えて血圧が高くなるのは事実である。しかし高血圧の原因は決してそれだけではない。

バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。