間違った医学知識

人間は生きていると、病気になることは多いです。医学の知識をしておくと、楽に過ごすことができます。しかし、あなたの知ってる医学や健康の常識、間違っていることがあるかもしれません。間違った医学知識を持てば、回復どころか、逆に病気を重度させます。では、ウソの医学知識はなんですか?

高血圧は塩分の摂りすぎ
高血圧の最大の原因は血液の質そのものにあるのです。高血圧を引き起こすのは肉や卵などの動物性蛋白食品を多食すると血中のコレステロール、酸類、窒素化合物が増えることです。これは分子生物学や栄養学の常識です。塩分のナトリウムは、体に不可欠のものです。栄養の吸収を助けたり、細胞の形を正しく保ったり、体液の量を調節したり、腎臓で尿を作ったりします。塩分の摂取は高血圧と関係していないです。

動脈硬化は治らない
動脈硬化は代表的な成人病です。心臓で動脈硬化が起これば狭心症や心筋梗塞の原因になり、死亡を招く可能性は高いです。近年動脈硬化は分子栄養学なら治療できるという一説があります。薬や注射ではなく、正しい栄養学に基ずいた食生活の改善をして、活性酸素によって壊された部分を補修して、動脈硬化を治療できます。

風邪を引いたらお風呂はダメ
この常識も議論が分かれるところですが、よほど高熱が出ている時でもない限り、入浴しても構わないというのが、最近の考え方です。疲労を招く長湯を避け、湯冷めしないよう注意すれば、問題はありません。

熱中症になって、すぐに水を飲ませる
熱中症になったら、のどの渇きを感じ、立ちくらみがするといった軽度の脱水症状があります。水やスポーツドリンクを補給することで回復は可能できますが、数分間以上意識が混濁し、ちゃんと意思の疎通ができなければ、重症にすでに陥ってしまった可能性があります。決して水を飲ませてはいけません。

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。