『は』

は<P記》

この夏休みに、イギリス作家のジョナサンを読み終わった.この本は主にましたイギリスとガリバーの外科医が小人国や大人の国、飛ぶ島国や慧胭国の冒険.

p>私<大人国、小人国奇妙奇天烈な物語に深く引かれ.小人の国はすべて非常に小さい、彼らは、彼らはおもちゃのように.大人の国とは逆で、ガリバーまるで彼らのペットのように彼らのために彼らのパフォーマンスは、を笑わせるのが楽しくて、さらに固唾を呑む防止のため、彼らの殺す.私は、島国に飛ぶことが好きではない、彼らは音楽と、私は彼らの多くのやり方は愚かだと思う.

私の最も好きなのは本中慧胭国の物語.慧胭国は本当にあこがれのところに、ここの人たちに勤勉、きれいで、礼儀正しく、挙止端正、人を助けることが好きで、彼らの言葉に嘘つかないと欺瞞に満ちた、彼らの友愛、むつまじい、誰もすべてとても善良で、嫌悪悪、と思うこれは作者の中のかもしれない国でしょう、私もいつかは私たちの社会も慧胭国のように、ただ誠実、偽り、これだけかも知れない理想だろうが、私は確かにして誠実な人、社会に役立つ人ガリバー旅行記》

は<P記》

最近私はイギリス作家のジョナサンジョナサンを読み終わった.この本は主にイギリスとガリバーの外科医が小人国や大人の国、飛ぶ島国や慧胭国の冒険物語.

p>私<大人国、小人国奇妙奇天烈な物語に深く引かれ.小人の国はすべて非常に小さい、彼らは、彼らはおもちゃのように.大人の国とは逆で、ガリバーまるで彼らの「ペットのように彼らのために彼らのパフォーマンスは、を笑わせるのが楽しくて、さらに固唾を呑む防止のため、彼らの殺す.私は、島国に飛ぶ島国で、音楽と数学を重視して、彼らの多くのやり方はすべて愚かなことだと感じます.

私の最も好きなのは本中慧胭国の物語.慧胭国は本当にあこがれのところに、ここの人たちに勤勉、きれいで、労働を愛する、礼儀があって、挙止端正、人を助けることが好きで、彼らの言葉に嘘つかないと欺瞞、彼らの社会に満ちた友愛、むつまじい、誰もすべてとても善良で、嫌悪悪、と思うこれはない作者の想像の中の理想国でしょう、私もいつかは私たちの社会も慧胭国のように、ただ誠実、偽り、これだけかも知れない理想だろうが、私は確かにして誠実な人、社会に使う人.は

は<P記》

夏休みには『『日本』の紀行』を読んだ、とても深い、特に島国一篇、次はこの感じについて書いてある.

飛島は、最も型破りと想像力のある1つの遊記記、それに対して、書くことがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website