もっと医学常識健康になり

みんなはよく知らない、運動不足は自然に体力不足、血液循環不良、新陳代謝が悪く、神経と内分泌システム不良,筋肉、関節退化、人も老化しやすい.

の適度な運動、病気の予防になる、効果的に改善する疾患、たとえ罹患慢性病、噎ぶよりて食を廃す必要もないと思って、病気になって何も動かない.

心臓病患者の運動

には

p>と<;までが心臓病で身動きがとれない、特に急性心筋梗塞で寝たいよんしよ∼ろく週間が、長期的には床については心肺不全、筋肉の萎縮、関節強直、血栓静脈炎、褥瘡、肺梗塞、脳卒中など、事実上,医学常識、温和で長い時間が効果有酸素運動に役立つ機能不振の心臓.運動は心肺機能を強化することができて、心臓が強くすることができて、高脂血血と動脈硬化症の改善に役立ちます.心臓は心臓が肺に適して運動する主要な機能を強化することを強化します.

心臓病人に最適な運動を含むウォーキング、ジョギング、踏んで自転車やバドミントンやクロッケーなどによると、2000年じゅう月スポーツ医学と科学』(MedicineandScienceinSportandExercise)によると、ドイツ基の森大学の研究結果によると、相とみなされて比較的余暇活動のようにより、ゴルフの可能性最適の心臓病患者の運動.運動の時から心臓病患者を追求しなければならない適度なが、適度な圧力強化心臓、心臓の機能は、同時にまた過重負担できない筋肉に、優しく体力が求められるスタミナのゴルフは、自然にぴったり.

アメリカスポーツ医学会では,患者の選択運動を選択し、運動には、大筋肉群とリズム性がある「酸素運動を推薦します.例えば:早く、ジョギング、自転車など、より提案の心臓病患者に従事してこのような運動で毎週少なくともさん回以上、毎回にじゅう∼よんじゅう分、しかも運動を減らすため、こたつおよび緩和運動少なくとも各じゅう分.運動の強さは、患者の危険性によって調整され、心筋酸欠や梗塞、心拍数によっては、有効に体力を有効に促進することができる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website