ED勃起不全の医学知識

EDはその原因により、大きく分けて4つのタイプがあります。ここでは、EDは勃起不全や勃起障害と訳され、勃起しない状態や、勃起状態を維持できず満足に性行為を行えない状態を指します。自分の意思に反してすぐに勃起しなかったり、性行為途中で中折れしたり、性行為の満足度が低い場合でこれらの症状が3カ月以上持続するとEDと診断されます。ED(勃起不全)は、体になんらかの原因があって起こる「器質性ED」と、精神的な原因で起こる「心因性ED」とに大別されます。器質性EDは動脈硬化をはじめとする血管の障害や男性ホルモンの分泌低下、脳や神経の障害などで起こります。

・ED勃起不全の分類
薬剤性EDは服用している薬剤がEDを引き起こす原因となることもあります。よく知られている薬剤としては、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤などがあります。心因性EDは緊張やプレッシャー、失敗の不安、疲労、ストレスなど、心理的な原因で誘発されるものです。
器質性勃起不全は主に体の機能の神経や血管の障害で起こるEDです。

・三大ED治療薬について
現在、日本で認可されているPDE5阻害薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。シアリスは日本では2007年に認可を受けた世界3番目のED治療薬です。バイアグラ、レビトラとの最大の相違点は服用からおよそ30~36時間と長い時間に渡って効果が維持されることです。勃起硬度で選ぶならレビトラが勝ります。挿入前にペニスが萎えてしまう方には、レビトラがお勧めです。バイアグラ100mgとは、主成分としてクエン酸シルデナフィルを含む、男性の勃起不全障害に対する治療薬です。男性の勃起障害用に開発されたお薬で、主に男性器の勃起を助ける働きがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website